スポンサーリンク

はじめての中国輸入!そのメリットとデメリット

こんにちは、ごろぷうです。

副業としても大人気の中国輸入ビジネスですが、そのメリットとデメリットに
ついて書きたいと思います。

 

中国輸入ビジネスとは

中国輸入ビジネスとは、中国から商品を輸入して日本で販売するというビジネ
スです。日本と中国の物価差を利用して利益をだしていくわけです。

商品の仕入れをするのは、中国のオンラインサイト(アリババ・タオバオ・ア
リエクスプレスなど)で、販売は日本のオンラインサイト(アマゾン・ヤフオ
ク・楽天・独自ECなど)となります。

商品の購入は基本的には輸入代行業者さんにお願いする形になります。

 

中国輸入ビジネスのメリット

・欧米輸入などに比べて商品の単価が安い。すべての商品がうまく売れていくわけではないですが、単価が安いので損失も少なくてすみます。

・個々の作業を外注化しやすく自動化が早い段階で実現できる。個々の作業とは、商品のリサーチ・仕入れ・荷受け・検品・商品撮影・出品・受注・梱包・発送・お客対応などです。

・OEMなどでオリジナルの商品を作ることができる。

・利益率が高い。

 

中国輸入ビジネスのデメリット

・すぐに爆発的に稼げるわけではない。

・商品を仕入れるので、ある程度の資金は必要。

・在庫は持つ必要がある。(無在庫販売という手法もあるが、有在庫のほうが圧倒的に売れます。)

・簡単に参入できる為、ライバルは多い。

・販売する商品の価格が安いので数を売らなければならない。

・基本的に返品・交換はできない。

 

まとめ

中国輸入ビジネスは、せどりや欧米輸入に比べて、少ない資金ではじめることができるので、
物販に取り組んでいくのなら中国輸入はおすすめです。

スポンサーリンク