スポンサーリンク

最近気になる目の老化・・・中高年だけじゃない若い世代も注意!

2017年6月15日

最近、老眼で近い文字がとても見難くなってきました。
もう老眼鏡は手放せません(苦笑)

中高年になると目の老化が一気に進んできます。悲しいことに・・・。

目のトラブルって怖いですよね。気になったので一般的なものを調べてみました。

 

目のトラブルの主な原因は?

目のトラブルの主な原因は、日常生活と加齢による物と病気によるものがあります。

病気
・緑内障
・白内障
・飛蚊症
・加齢性黄斑変性
・糖尿病網膜症
など

日常生活と加齢によるもの
・眼精疲労
・老眼
・コンタクトレンズ
・過矯正
など

 

今回は老眼について書きたいと思います。

 

老眼ってよく言うけど、そもそも老眼って何?

目の中にはカメラのレンズのような役割をする水晶体というのがあるのですが、
これが遠くの物や近くの物にピントをあわせる役割をしています。

ところが年齢とともに水晶体がかたくなってきて、近くを見る時にうまくピン
トを合わせられなくなってしまいます。

この状態が老眼です。

近くの字が読みにくかったり、近くから遠く、遠くから近くを見た時にピント
が合うのに時間がかかり、ぼんやりしてスッキリしない感じです。

一般的には40代で始まるといわれています。

加齢に伴うものなので誰でも遅かれ早かれ症状がでてきます。

 

老眼を治す方法

老眼鏡をかけて矯正する方法が一般的だと思いますが、外科的な治療法があるようです。

 

外科的な治療となると、ちょっと怖いような気もします。老眼鏡でいいかな・・・。
老眼鏡も自分に合った度数や用途のものを用意したほうがいいですね。

合わないものを使っていると、逆に目が疲れてしまったり体調不良の原因になったりし
まので注意しましょう。

 

若い世代も注意!

スマホやパソコンの長時間使用が原因で若い世代にも老眼のような症状が増えているそ
うです。スマホ老眼などといわれています。

厚生労働省が発表しているガイドラインだとスマホやパソコンの連続使用時間は1時間
以内とされています。

私などもそうなんですが、ついつい長時間連続使用してしまいませんか?
わかってはいるものの・・・ついついです。

 

日常気をつけていること

私は仕事柄、PCのモニターやスマホ画面を長時間見るのですが、普段心掛けている事
がありまして、だいぶ目の疲れが軽減されましたので書いておきます。

・画面の明るさを調節する。
・ブルーライトカットのメガネをかける。
・1時間に1回は目の休憩と運動。

これだけでも目の疲れが全然違ってきます。

目の運動には色々あるのですが、私はスマホアプリを使っています。
1つ紹介しておきますね。

 

老眼に効果的な食べ物とは?

視力の低下、眼精疲労、老眼に効果的な食べ物として、ルテインを含んでいる食べ物が
良いとされています。

ほうれん草、ブロッコリー、レタス、グリーンピース、キャベツ、とうもろこし、納豆
などがあげられますが、特にほうれん草にはルテインが多く含まれているようです。

100g中10.2mgと他のものに比べても多いです。

ほうれん草の2倍のルテインを含んでいるケールもありますが、どこでも簡単に手には
いらないので、ほうれん草がベストだと思います。

ルテインは油分と一緒に摂取すると、体内への吸収効果が高まるので、ほう
れん草を調理する際は、油炒めにして摂取すると良いそうです。

 

目が変だなと感じたら

目がちょっとでもおかしいと感じたら、一度眼科を受診して原因をはっきりさせること
が大切ですね。

自己判断は危険です。

スポンサーリンク

健康

Posted by ごろぷう