スポンサーリンク

これからはじめる中国輸入!すでに飽和していて稼げない?

こんにちは、ごろぷうです。

中国輸入→国内販売はすでに飽和していて稼げないといわれていますが、実際
のところどうなのでしょう?

 

飽和していて稼げないといわれる理由

飽和については、中国輸入というビジネスがちょっとメジャーになった頃から言
われていました。

ネット環境が整備され、買付け代行業者が増えたことにより、中国語ができなく
ても手軽に中国からの輸入を始められることができるようになりました。

これにより一気に中国輸入ビジネスへの参入者が増えたわけですが、その反面や
めていく人も多くなったわけです。

その方々の不満の声がネット上の記事や書き込みとなって拡散されていったのが、
中国輸入は飽和していて稼げないといわれている理由だと思われます。

飽和していて稼げないのであれば、私もとっくにやめてますし・・・・・・。

 

これから中国輸入をはじめても遅くない?

個人レベルでもビジネスとして成り立つ環境が整ってきていますし、ノウハウも
ある程度確立されてきていると思います。

決して楽して稼げるわけではありませんが、参入するのに遅いということはない
と思います。

国内メーカーの生産拠点が中国以外の国に移りつつあるとはいえ、まだまだ中国
は世界の工場だと思います。

国内になく日本のメーカーが取り扱っていないような商品がゴロゴロあります。
中国の市場規模はバカでかいです(笑)

 

高額塾や情報商材ってどうなの?

中国輸入に関わる高額塾や情報商材がたくさん出回っていますが、はたして必要な
のでしょうか?

いくつかの商材を購入し高額塾にも参加した事がありますが、決して魔法のような
ノウハウがあるわけではないです。

ただ学ぶことも多かったので後悔はしていません。

こと塾に関しては、人脈作りには良いと思います。お金をかけずとも人脈を作って
いく方法はあると思いますので人それぞれだとは思いますが・・・・・。

あと個人コンサルがありますね。私はまだコンサルはうけたことがないのですが、
どうせお金を自分に投資するのであれば、稼いでいる方にマンツーマンで指導を
うけた方が良いのかなと思います。

今は無料で大抵の情報は揃うので、とにかく実際に輸入して販売してみることが
大切だと思います。少し資金がたまってから自分に投資しても遅くはありません。

お小遣い程度を稼ぐのであれば、高額塾や情報商材はまったく必要ありません。

 

まとめ

あくまで個人的見解ですが、現時点で中国輸入ビジネスが飽和しているとは思えません。

人がインターネットで物を買うという行為がなくならない限りは、まだまだチャンスの
ある場所だと思います。

スポンサーリンク