スポンサーリンク

温泉、天然温泉、人工温泉、源泉かけ流しの違いって何?

ひと口に温泉といっても実に様々な呼び名があります。

健康ランド、スパ、銭湯、旅館、ホテルなどいろいろな宿泊施
設やレジャー施設がありますが、自分の利用しているお風呂は
どれなんだろうって思うことありませんか?

温泉は温泉法で定義されている

温泉法は、温泉を湧出させるための土地の掘削の許可、温泉源
からの温泉の採取の許可、温泉の利用の許可、温泉成分等の表
示等に関して規定しているもので、これは温泉ですよというの
を定めるためにある法律です。

それでこの温泉法によりますと、

・泉源における水温が摂氏25度以上

・以下の成分のうち、いずれか1つ以上のものを含んでいるもの。
溶存物質(ガス性以外) 総量1000mg以上
遊離炭酸(CO2) 250mg以上
リチウムイオン(Li+) 1mg以上
ストロンチウムイオン(Sr++) 10mg以上
バリウムイオン(Ba++) 5mg以上
フェロ又はフェリイオン(Fe++,Fe+++) 10mg以上
第一マンガンイオン(Mn++) 10mg以上
水素イオン(H+) 1mg以上
臭素イオン(Br-) 5mg以上
沃素イオン(I-) 1mg以上
フッ素イオン(F-) 2mg以上
ヒ酸水素イオン(HAsO4–) 1.3mg以上
メタ亜ひ酸(HAsO2) 1mg以上
総硫黄(S)[HS-,S2O3–,H2Sに対応するもの] 1mg以上
メタホウ酸(HBO2) 5mg以上
メタけい酸(H2SiO3) 50mg以上
重炭酸ソーダ(NaHCO3) 340mg以上
ラドン(Rn) 20×10-10Ci以上
ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上
(含有量は1kg中)
wiki参照

が温泉ですよという事です。

温泉、天然温泉、人工温泉は何が違うの?

温泉の別名が天然温泉だと考えるとわかりやすいと思います。

「地中からわき出ているかどうか」
「温泉成分が元から含まれているかどうか」

によって、温泉(天然温泉)と人工温泉に区別されるということですね。

温泉法で定義されている温泉に対し、薬剤や鉱石を投入することにより
薬効を得ているものは、人工温泉になります。

 

じゃあ源泉かけ流しは?

源泉かけ流しとは、湧き出したままの成分を損なわない源泉が、新鮮な
状態のままで浴槽を満たしている状態のことです。

新しい湯が常に浴槽に注がれていて、注がれた分だけの湯が浴槽の外に
あふれているのが特徴です。

源泉100%が理想ですが、入浴に適した温度にする為に、泉質を損なわ
ない程度の加水・加温があったり、源泉3本を混ぜて適温にするなど様
々です。

あちこちの温泉を利用しますが、源泉かけ流しのお湯を見つけるのは、
なかなか大変です。

衛生面からか加水・加温・循環ろ過タイプのお宿・お風呂が一般的か
と思います。

先日、宿泊したお宿は、自家源泉3本を混合して適温にされていると
の事で、湯守の方がつきっきりで管理されておりました。

心地の良い素晴らしいお湯をいただきました。

スポンサーリンク

旅行

Posted by ごろぷう